に投稿 コメントを残す

成人式でスーツを着こなす

成人式で初めてスーツを着るという人は少なくありませんが、晴れの舞台でのスーツはかっこよく着たいと思われることでしょう。

着こなしのポイントがいくつかありますので、ご紹介します。まず重要なのが、シルエットです。大きめサイズはだらしなくみえてしますので、ジャストサイズを選びます。ポイントは少し動きづらいと感じる程度が一番かっこよくみえるシルエットです。

スーツの色も印象を左右するので重要です。成人式なので、少し派手めなものを着てみようという冒険心が出てくるかもしれませんが、フレッシュさは大事です。黒や濃い紺やグレーなどはおすすめです。

靴やベルトもおしゃれに着こなすポイントです。基本は靴とベルトの色を合わせることです。バランスがいいことは、おしゃれにかっこよくみえますので、ほかの人と差をつけて着こなすことができます。

に投稿 コメントを残す

スーツに合う革靴とは?スーツの色との相性

スーツには黒やグレー、ネイビーといったカラーがありますが、それぞれに合う革靴の色があります。ここでは、革靴の色との相性について解説していきます。

スーツの色と革靴の色の相性
まずは黒スーツですが、相性のよい革靴の色は黒です。黒色で揃えることで、引き締まった印象を与えます。

次にネイビースーツですが、茶系の革靴と合わせるのがおすすめです。もしくは黒色の靴で合わせます。
茶系の革靴は、柔らかい印象を与え、黒色の靴では誠実な印象を与えます。

最後にグレースーツですが、色の濃淡によって合わせる靴が異なります。ダークグレーであれば、黒色の革靴を、ライトグレーであれば茶系の革靴がおすすめです。

まとめ
ここで紹介した組み合わせであれば失敗することはありません。是非、全体で統一感が出るように工夫してみましょう。

に投稿 コメントを残す

ネクタイピンをつけるべき位置

ネクタイピンを間違った位置につけると、あまり印象がよくありません。この文章では、ネクタイピンを着けるべき正しい位置について解説していきます。
そもそもネクタイピンをつける理由は、ネクタイを固定するためです。ネクタイはそのままにしておくと身体を揺らしたときに一緒に揺れてしまい、軽薄な印象を与えてしまう可能性があります。そのため、ピンで固定し、誠実な印象を与えるべきなのです。
ピンをつけるべき位置は、ワイシャツの第3ボタンと第4ボタンの間くらいの位置です。ここに、右側からピンを留めます。すると、フォーマルな印象を与えることができ、ビジネスシーンでも信頼される可能性が高まります。
ピンにはいくつか種類があり、タイクリップはその中でももっとも主流です。取り外しが簡単であるため、ビジネスマンに好まれて使われています。
正しく着こなし、関わる人々に良い印象を与えましょう。

に投稿 コメントを残す

ジャージースーツの魅力

スーツの素材はウールであるというイメージが強いです。しかし、最近では、伸縮性の高いジャージ素材を使ったスーツが非常に注目されています。
ジャージースーツは、軽くストレッチ性に富んでいるため、動きやすく、身軽に使えるため、疲れにくいというのがメリットです。また、適度に厚みがあるため、体型をカバーする効果もあります。さらに、ウールに比べるとシワができにくいため手入れが楽です。
もしジャージースーツを購入したいと考えている方は、吸水性に優れた生地を選ぶと非常に快適になります。汗を吸い取ってくれるため、夏でも快適に過ごすことが出来ます。また、ジャージースーツの中でも高級感があるような質感の生地のものがあるため、それを選ぶと自分の印象を高めることができます。また、ジャージースーツの生地は伸縮性があるため、自分の体にフィットするものを選ぶとスタイリッシュに見せることができます。しかし、ジャージースーツにもデメリットはあり、それは毛玉が出来やすいということです。これは洗濯する時に静電気を防ぐ柔軟剤を使うことで対策することができます。

に投稿 コメントを残す

ビジネスカジュアルとは

働き方の多様化が進む中、仕事場でのドレスコードも幅広くなっています。よく聞くビジネスカジュアルとはスーツにネクタイ程堅苦しくはないものの、仕事場で浮くことのない少しカジュアルな服装を取り入れたウェアのことです。企業側がビジネスカジュアルを推奨する流れもあり、どんな服装を選んだら良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。取り入れ方の注意点としては清潔感のあるものや、仕事がしやすい服装である事を心がけることが大切です。取引先の企業に訪問しても、相手に不快感を与えないか問題はないかを考えて服装を選ぶと良いです。仕事相手である相手から見て、きちん感があるものを選び最低限の礼儀を保つ服装選びをすることが重要です。

に投稿 コメントを残す

ジャケットはさまざまなシーンで使えます!

メンズのジャケットに対して、フォーマルな場所で着る堅苦しいもの。そのようなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。確かにドレスコードがある場合、男性はジャケット着用が基本となるので、そう思うのは当然とも言えます。でも、実はそれは間違いです。ジャケットは、様々な着こなしができる便利なアイテムなためです。
たとえば、オフィスカジュアルが推奨されているビジネスの場などにもぴったりです。カジュアルな服装が認められていたとしても、社外の人と会う時にはある程度のきちんと感が欠かせません。そのような時にジャケットを1枚羽織るだけであっという間に程よいビジネススタイルが完成します。また、ドレスコードのないカジュアルなパーティーやデートの時にも程良いフォーマル感を演出してくれてお勧めです。